投稿

柿本人麻呂の万葉集217-219番歌~アルケーを知りたい(1175)

イメージ
▼表題に出てくる采女 (うねめ) とは、朝廷で、天皇や皇后の身の回りのサービスを担当した お側付きの 女官。容姿端麗・聡明などの条件をクリアした女性の役職名。 ▼長歌に「 時にあらず過ぎにし子 」という表現がある。 吉備津の死因が 自殺だったことを伝える。  吉備津采女 (きびつのうのめ) が死にし時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌一首  幷せて短歌 秋山の したへる妹 なよ竹の とをよる子らは いかさまに 思ひ居れか 栲繩の 長き命を 露こそば 夕に立ちて 朝は 失すといへ 梓弓 音聞く我れも おほに見し こと悔しきを 敷栲の 手枕まきて 剣太刀 身に添へ寝けむ 若草の その夫の子は 寂しみか 思ひて寝らむ 悔しみか 思ひ恋ふらむ 時にあらず   過ぎにし子 らが 朝露のごと 夕霧のごと 万217  短歌二首 楽浪の志賀津の子らが <一には「志賀の津の子が」といふ>   罷り道の川瀬の道を見れば寂しも  万218 *楽浪の志賀津の娘子らがこの世を去っていった道、川瀬の道を見ると寂しくて仕方がない。 そら数ふ大津の子が逢ひし日に おほ見しくは今ぞ悔しき  万219 *大津の娘子と逢った日に、私はそのお姿をぼんやりと見るだけだったことが今になってみると残念だ。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の同時代人。 蘇我 蝦夷  そが の えみし 586年 - 645 飛鳥時代の政治家・貴族。蘇我馬子の子。入鹿の父親。乙巳の変で自害。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集213-216番歌~アルケーを知りたい(1174)

イメージ
▼今回の挽歌は、前回210-212番の元歌。同じ言い回しがある 。印象的なのは 「 我妹子が形見に置けるみどり子の 乞ひ泣くごとに取り委する (210番では 与ふる ) 物しなければ 男じもの脇ばさみ持ち 」の句。泣く子を抱えて右往左往している様子が悲しい。  或る本の歌に曰はく うつそみと 思ひし時に  たづさはり  我がふたり見し  出立の 百枝槻の木  こちごちに 枝させるごと  春の葉の 茂きがごとく  思へりし 妹にはあれど  頼めりし 妹にはあれど  世間を 背きしえねば  かぎるひの 燃ゆる荒野に  白栲の 天領巾隠り  鳥じもの 朝立ちい行きて  入日なす 隠りにしかば  我が妹子が 形見に置ける  みどり子の 乞ひ泣くごとに  取り委する 物しなければ  男じもの 脇ばさみ持ち   我妹子と 二人我が寝し  枕付く 妻屋のうちに  昼は  うらさび暮らし  夜は  息づき明かし  嘆けども  為むすべ知らに  恋ふれども  逢ふよしをなみ  大鳥の  羽がひの山に  汝が恋ふる  妹はいますと  人の言へば  岩根さくみて  なづみ来し  よけくもぞなき  うつそみと  思ひし妹が  灰にていませば  万213  短歌三首 去年見てし秋の月夜は渡れども 相見し妹はいや年離る  万214 *昨年見た秋の月夜は今年も同じだが、一緒に見た妻とは年が隔たるばかりだ。 衾道を引手の山に妹を置きて 山道思ふに生けるともなし  万215 *衾道の引手山に妻を置いて帰る山道を思うと生きる気力が失せる。 家に来て我が屋を見れば玉床の 外に向きけり妹が木枕  万216 *家に戻って寝室を見ると妻の床の上の木枕はあらぬ方を向いていた。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 舒明天皇  じょめいてんのう 593 - 641 第34代天皇。蘇我蝦夷が立てた天皇。皇后は皇極天皇。息子は中大兄皇子。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%8

柿本人麻呂の万葉集210-212番歌~アルケーを知りたい(1173)

イメージ
▼柿本人麻呂が妻を失い、悲しみに暮れて作った歌二首のうちの二首目。 ▼長歌の筋は次だ。 うつせみと思ひし妹が (この世にずっといるものと思っていた妻が) 、 春の菜の茂きがごとく 思へりし (春に葉がよく茂っているように元気な妻が) 、 いなくなった。 ▼ 昼はうらさびしく、 夜はため息をついて明かす。いつも一緒にいた妻の姿が見えないと何をしても「 よけくもぞなき 」。  柿本朝臣人麻呂、妻死にし後に、泣血哀慟して作る歌二首  幷せて短歌 うつせみと 思ひし 時に <一には「 うつそみと思ひし 」といふ>   取り持ちて 我がふたり見し  走出の 堤に立てる  槻の木の こちごちの枝の  春の菜の 茂きがごとく  思へりし 妹にはあれど  頼めりし 子らにはあれど  世間を 背きしえねば  かぎるひの 燃ゆる荒野に  白栲の 天領巾隠り  鳥じもの 朝立ちいまして  入日なす 隠りにしかば  我が妹が 形見に置ける  みどり子の 乞ひ泣くごとに  取り与ふる 物しなければ  男じもの 脇ばさみ持ち  我妹子と ふたり我が寝し  枕付く 妻屋のうちに  昼はも うらさび暮らし  夜はも 息づき明かし   嘆けども 為むすべ知らに  恋ふれども 逢ふよしをなみ  大鳥の 羽がひの山に  我が恋ふる 妹はいますと  人の言へば 岩根さくみて  なづみ来し  よけくもそなき   うつせみと 思ひし妹が   玉かぎる ほのかにだにも  見えなく思へば 万210  短歌二首 去年見てし秋の月夜は照らせども 相見し妹はいや年離る  万211 *昨年見た秋の月夜は相変わらずだけれど、一緒に見た妻とは年が離れていくばかりです。 衾道を引手の山に妹を置きて 山道を行けば生けりともなし  万212 *衾道の引手山に妻を置いて山道を行くと、生きる気が失せてしまうようです。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の同時代人。 孝徳天皇  こうとくてんのう 596 - 654 第36代天皇。皇極天皇(斉明天皇)の弟。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wik

柿本人麻呂の万葉集207-209番歌~アルケーを知りたい(1172)

イメージ
▼自分に読解力が足りないので、この挽歌、人麻呂が「 泣血哀慟」というほどには・・・と思ってしまった。その理由は、①「 見まく欲しけど 」会いに行かなかった。②「 後も逢はむ 」と思って会うのを控えた。③逝去を知ったのは「 使の言へば 」によるものだった。  柿本朝臣人麻呂、妻死にし後に、泣血哀慟して作る歌二首  幷せて短歌 天飛ぶや 軽の道は  我が妹子が 里にしあれば  ねもころに  見まく欲しけど   やまず行かば 人目を多み  数多く行かば 人知りぬべみ  さね葛  後も逢はむ と  大船の 思ひ頼みて  玉かぎる 岩垣淵の  隠りのみ 恋ひつつあるに  渡る日の 暮れ行くがごと  照る月の 雲隠るごと  沖つ藻の 靡きし妹は  黄葉の 過ぎてい行くと  玉梓の 使の言へば  梓弓 音に聞きて <一には「音のみ聞きて」といふ>   言はむすべ 為むすべ知らに  音のみを 聞きてありえねば  我が恋ふる 千重の一重も  慰もる 心もありやと  我妹子が やまず出で見し  軽の市に 我が立ち聞けば  玉たすき 畝傍の山に  鳴く鳥の 声も聞こえず  玉桙の 道行く人も  ひとりだに 似てし行かねば  すべをなみ 妹が名呼びて  袖ぞ振りつる <或る本には「名のみを聞きてありえねば」といふ句あり>  万207  短歌二首 秋山の黄葉を茂み惑ひぬる 妹を求めむ山道知らずも <一には「道知らずして」といふ>  万208 *秋の山の黄葉の間に迷い込んだ妻を追い求めたい。しかしその山道が分かりません。 黄葉の散りゆくなへに玉梓の 使を見れば逢ひし日思ほゆ  万209 *黄葉が散っているときに手紙の配達人を見かけると妻のことを思い出す。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の同時代人。 皇極天皇  こうぎょくてんのう 594 - 661 第35代天皇と第37代天皇(斉明天皇)。舒明天皇の皇后。天武天皇の母親。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%

柿本人麻呂の万葉集199-202番歌~アルケーを知りたい(1171)

イメージ
▼柿本人麻呂が逝去した高市皇子を詠った『万葉集』の中で最長の挽歌の後半。「 白栲の麻衣着て 」という言葉で逝去がはっきり伝わる。以後は悲しみの表現が続く。長歌の後の短歌2首と反歌1首で総括されている。  高市皇子尊の城上の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌一首  幷せて短歌 木綿花の 栄ゆる時に  我が大君 皇子の御門を <一には「刺す竹の 皇子の御門を」といふ>   神宮に 装ひまつりて  使はしし 御門の人も  白栲の 麻衣着て   埴安の 御門の原に  あかねさす 日のことごと  鹿じもの い匍ひ伏しつつ  ぬばたまの 夕になれば  大殿を 振り放け見つつ  鶉なす い匍ひ廻り  侍へど 侍ひえねば  春鳥の さまよひぬれば  嘆きも いまだ過ぎぬに  思ひも いまだ尽きねば  言さへく 百済の原ゆ  神葬り 葬りいませて  あさもよし 城上の宮を  常宮と 高くし奉りて  神ながら 鎮まりましぬ  しかれども 我が大君の  万代と 過ぎむと思へや  天のごと 振り放け見つつ  玉たすき 懸けて偲はむ  畏くあれども  万199  短歌二首 ひさかたの天知らしぬる君故に 日月も知らず恋ひわたるかも  万200 *天をお治めするわれらの君を、我われは時の経つのを忘れて恋しく偲んでおります。 埴安の池の堤の隠り沼の ゆくへを知らに舎人は惑ふ  万201 *埴安の池の堤で囲まれた沼の水の行く先が分からないのと同じく、舎人たちは戸惑っています。  或書の反歌一首 哭沢 (なきさわ) の神社に御瓶 (みわ) 据ゑ祈れども 我が大君は高日知らしぬ  万202  右の一首は、類聚歌林には「檜隈女王、哭沢の神社を怨む歌なり」といふ。 日本紀を案ふるに、曰はく、「十年丙申の秋の七月辛丑の朔の庚戌に、後皇子尊薨ず」といふ。 *哭沢神社にお神酒をお供えして祈りを捧げています。我らが大君は高いところで天をお治めになっておられます。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の同時代人。 光仁天皇  こうにんてんのう 709 - 782 第49代天皇。天智天皇の孫。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 h

柿本人麻呂の万葉集199-202番歌~アルケーを知りたい(1170)

イメージ
▼柿本人麻呂が逝去した高市皇子を詠った『万葉集』の中で最長の挽歌。今回はその前半。 高市皇子は、 大海人皇子(後の 天武天皇 )の息子。672年の壬申の乱で 大海人皇子側の中心人物。持統天皇の政権でも中心人物。 ▼長歌の前半では高市皇子の戦いぶりを描き「 瑞穂の国を 太敷きまして  我が大君の 天の下 奏したまへば  万代にしかしもあらむ 」と生前の活躍を総括している。  高市皇子尊の城上の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌一首  幷せて短歌 かけまくも ゆゆしきかも <一には「ゆゆしけれども」といふ>   言はまくも あやに畏き  明日香の 真神の原に  ひさかたの 天つ御門を  畏くも 定めたまひて  神さぶと 磐隠ります  やすみしし 我が大君の  きこしめす 背面の国の  真木立つ 不破山越えて  高麗剣 (こまつるぎ)  和射見が原の  行宮に 天降りまして  天の下 治めたまひ <一には「掃ひたまひて」といふ>   食す国を 定めたまふと  鶏が鳴く 東の国の  御軍士を 召したまひて  ちはやぶる 人を和せと  奉ろはぬ 国を治めと <一には「掃へと」いふ>   皇子ながら 任したまへば  大御身に 太刀取り佩かし  大御手に 弓取り持たし  御軍士を 率ひたまひ  整ふる 鼓の音は  雷の 声と聞くまで  吹き鳴せる 小角の音も <一には「笛の音は」といふ>   敵見たる 虎か吼ゆると  諸人の おびゆるまでに <一には「聞き惑ふまで」といふ>   ささげたる 旗の靡きは  冬こもり 春さり来れば  野ごとに つきてある火の <一には「冬こもり野焼く火の」といふ>   風の共 靡くがごとく  取り持てる 弓弭の騒き  み雪降る 冬の林に <一には「木綿の林」といふ>   つむじかも い巻き渡ると  思ふまで 聞きの畏く <一には「諸人の 見惑ふまでに」といふ>   引き放つ 矢の繁けく  大雪の 乱れて来れ <一には「霞なす そち寄り来れば」といふ>   まつろはず 立ち向ひしも  露霜の 消なば消ぬべく  行く鳥の 争ふはしに <一には「朝霜の 消なば消と言ふに うつせみにと 争ふはしに」といふ>   渡会の 斎きの宮ゆ  神風に い吹き惑わはし  天雲を 日の目も見せず  常闇に 覆ひたまひて  定めてし  瑞穂の国を  神ながら 太敷きまして 

柿本人麻呂の万葉集196-198番歌~アルケーを知りたい(1169)

イメージ
▼今回の挽歌は、 明日香皇女 (あすかのひめみこ) に捧げたもの。 明日香皇女は天智天皇の娘。生前の明るい様子と心萎えた夫の様子の対比が悲しく美しい。  明日香皇女の城上の殯宮の時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌一首  幷せて短歌 飛ぶ鳥 明日香の川の  上つ瀬に 石橋渡す <一には「石並といふ」>   下つ瀬に 打橋渡す  石橋に <一には「石並に」といふ>  生ひ靡ける  玉藻ぞ 絶ゆれば生ふる  打橋に 生ひををれる  川藻もぞ 枯るれば生ゆる  なにしかも 我が大君の  立たせば 玉藻のもころ  臥やせば 川藻のとごく  靡かひし 宜しき君が  朝宮を 忘れたまふや  夕宮を 背きたまるや  うつそみと 思ひし時に  春へは 花折りかざし  秋立てば 黄葉かざし   敷栲の 袖たづさはり  鏡なす 見れども飽かず  望月の いや愛づらしみ  思ほしし 君と時時  出でまして 遊びたまひし  御食向ふ 城上の宮を  常宮と 定めたまひて  あぢさはふ 目言も絶えぬ  しかれかも <一には「そこをしも」といふ>  あやに悲しみ  ぬえ鳥の 片恋づま <一には「しつつ」といふ>   朝鳥の <一には「朝露の」といふ>  通はす君が  夏草の 思ひ萎えて   夕星の か行きかく行き  大宮の たゆたふ見れば  慰もる 心もあらず  そこ故に 為むすべ知れや  音のみも 名のみも絶えず  天地の いや遠長く  偲ひ行かむ 御名に懸かせる  明日香川 万代までに   はしきやし 我が大君の  形見にここを 万196  短歌二首 飛鳥川しがらみ渡し塞かませば 流るる水ものどかにあらまし <一には「水の淀にかあらまし」といふ>  万197 *飛鳥川に柵を渡してせき止めれば、流れる水もおだやかになるでしょう。 明日香川明日だに <一には「さへ」といふ> 見むと思へやも <一には「思へかも」といふ>   我が大君の御名忘れせぬ <一には「御名忘らえぬ」といふ>  万198  *飛鳥川の名前のように明日はお目にかかりたいと思っているせいか、我が大君である明日香皇女のお名前を忘れることができない。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の同時代人。 称徳天皇  しょうとくてんのう 718 - 770 第48代天皇。第46代の孝謙天皇と同一人物。道鏡を法王にした。反抗した者に卑しい名