投稿

6月, 2024の投稿を表示しています

柿本人麻呂の万葉集1812-1818番歌~アルケーを知りたい(1191)

イメージ
▼人麻呂の「霞たなびく」シリーズ。歌の中に「霞たなびく」が詠みこまれている。こういう趣向は面白いので何かで真似したくなる。  春雑歌 ひさかたの天の香具山この夕 霞たなびく春立つらしも  万1812 *天の香具山の夕方、霞がたなびいている。春が来たようだ。 巻向の檜原に立てる春霞 おほにし思はばなづみ来めやも  万1813 *檜原の春霞のようにぼんやりした思いでは苦労してここまで来たりはしない。 いにしへの人が植ゑけむ杉が枝に 霞たなびく春は来ぬらし  万1814 *昔の人が植えた杉の枝に霞がかかっている。春が来た印だ。 子らが手を巻向山に春されば 木の葉しのぎて霞たなびく  万1815 *巻向山に春が来ると、木の葉を霞が覆ってたなびく。 玉かぎる夕さり来ればさつ人の 弓月が岳に霞たなびく  万1816 *夕刻が近づくと弓月が岳に霞がたなびく。 今朝行きて明日には来ねと言ひし子か 朝妻山に霞たなびく  万1817 *今朝はお出かけになっても明日はまた戻って来てくださいと言った子のように、朝妻山に霞がたなびく。 子らが名に懸けのよろしき朝妻の 片山崖に霞たなびく  万1818  右は、柿本朝臣人麻呂が歌集に出づ。 *その子の名に懸けるのにふさわしい朝妻の片山崖に霞がたなびく。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 ヌルシアのベネディクトゥス  Benedictus de Nursia 480 - 547 中世のキリスト教の修道院長。西欧修道士の父。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集二』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集1761-1762番歌~アルケーを知りたい(1190)

イメージ
▼今回の 1761番は鹿が鳴く歌。これは、 1664番の鹿が鳴かない歌に応えて人麻呂が作った。  泊瀬の朝倉の宮に天の下知らしめす大泊瀬稚武天皇の御製一首 夕されば小倉の山に伏す鹿は 今夜は鳴かず寝にけらしも  万1664  右は、或る本には「岡本天皇の御製」といふ。  正指を審らかにせず、よりて累ね載す。 *夕方になったので小倉山で鹿が伏せている。今夜は鳴かずに寝るのだろう。  鳴く鹿を詠む一首  幷せて短歌 みもろの 神なび山に  たち向ふ 御垣の山に  秋萩の 妻をまかむと  朝月夜 明けまく惜しみ  あしひきの   山彦響め  呼び立て鳴くも  万1761 *山で鳴く鹿を詠む歌。  反歌 明日の宵逢はずあらめやもあしひきの 山彦響め呼び立て鳴くも  万1762  右の件の歌は、或いは「柿本朝臣人麻呂が作」といふ。 *宵には逢えると思ってか、鹿が鳴いて 山彦を響かせている 。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 ユスティニアヌス1世  Justinianus I 482 - 565 東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集二』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集1710-1711番歌~アルケーを知りたい(1189)

イメージ
▼今回の二つの和歌は、人麻呂が遊んで作ったみたい。最初の作品は「倉無の浜」をネタにして、二番目の作品は「粟の小島」をネタにして。ダジャレかな(笑)。実際の風景は 分からないけど実は倉が並んでいる倉無の浜だったり、でかい粟の小島だったりして。 我妹子が赤裳ひづちて植ゑし田を 刈りて収めむ倉無の浜  万1710 *わが妻が赤い裳を泥にまみれて植えた田んぼ。収穫した後、貯蔵する倉がない、というアホな名前の倉無の浜。 百伝ふ八十の島みを漕ぎ来れど 粟の小島は見れど飽かぬかも  万1711  右の二首は、或いは「柿本朝臣人麻呂が作」といふ *たくさんの島を眺めながら漕ぎ進んできたけど、粟の小島は見ても見ても飽きることがないねえ。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 物部 尾輿  もののべ の おこし ? -? 古墳時代の豪族。安閑・欽明両天皇の大連。廃仏を主張、崇仏派の蘇我稲目と対立。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集二』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集501-504番歌~アルケーを知りたい(1188)

イメージ
▼501、502番は今の時代、ペテン師が使いそうなセリフ。自分がひねくれているせいか、これだけ見ると、その言葉、果たして信用できるかどうか分からない、と疑ってしまう(笑)。でも、503番などは、分かる分かる、そんなことあるよなーという感じ。  柿本朝臣人麻呂が歌三首 未通女らが袖布留山の瑞垣の 久しき時ゆ思ひき我は  万501 *乙女らが別れの時に袖を振ったという袖布留山の垣根が昔からあるように、私はお前さんをずっと思って来たんだよ。 夏野行く小鹿の角の束の間も 妹が心を忘れて思へや  万502 *夏の野原を歩く小鹿の角、それくらい短い間だって私はお前さんを忘れないのさ。 玉衣のさゐさゐしずみ家の妹に 物言はず来にて思ひかねつも  万503 *出かけるときの騒々しさが静まると、ふと家に残した妻に言い忘れたことがなかったか、気になってしまう。  柿本朝臣人麻呂が妻の歌一首 君が家に我が住坂の家道をも 我れは忘れじ命死なずは  万504 *あなた様の家に続く住坂の道を私は死んでも忘れませんよ。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 蕭 統  しょう とう 501 - 531 南朝梁の皇族。『文選』を編纂。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集496-500番歌~アルケーを知りたい(1187)

イメージ
▼出張先の人麻呂が自宅の妻とやりとりした格好の歌。大正・昭和時代だったら葉書に相当するのか、と思わせる。特に499番は郵便配達人と重なる。  柿本朝臣人麻呂が歌四首 み熊野の浦の浜木綿百重なす 心は思へど直に逢はぬかも  万496 *熊野浦の浜の木綿のように何度も繰り返しお前さんのことを思うけれど、直には逢えないのだな。 いにしへにありけむ人も我がごとか 妹に恋ひつつ寐寝かてずけむ  万497 *昔の人も私のように妻を恋しがりながら寝ていたのだろうね。 今のみのわざにはあらずいにしへの 人ぞまさりて音にさへ泣きし  万498 *(妻)それは今に限ったことではありませんよ。しかも昔の人は声をあげて泣いていたそうです。 百重にも来及かぬかもと思へかも 君が使の見れど飽かずあらむ  万499 *(妻)いつも、今こそあなた様がいっしゃるんじゃないか、と思っているので、あなた様からの使いは見飽きることがありません。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 穴穂部皇子  あなほべのみこ ? - 587 飛鳥時代の皇族。欽明天皇の皇子。聖徳太子の叔父。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集429-430番歌~アルケーを知りたい(1186)

イメージ
▼ 溺れ死にした出雲の娘の歌。火葬の煙を吉野山の霧に例えている。  溺れ死にし出雲娘子を吉野に火葬る時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌二首 山の際ゆ出雲の子らは霧なれや 吉野の山の嶺にたなびく  万429 *山の際から湧き出る雲のように生き生きとしていた娘子が今は霧になって吉野の山の嶺でたなびいている。 八雲さす出雲の子らが黒髪は 吉野の川の沖になづさふ  万430 *雲が群がる出雲の娘子の黒髪が吉野川の波の間で漂っている。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 蘇我 稲目  そが の いなめ 506 - 570 古墳時代の豪族。欽明天皇の血縁。物部氏と仏教受容問題で争った。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集426、428番歌~アルケーを知りたい(1185)

イメージ
▼人麻呂の時代は、行き倒れの人の遺体が目に入ることがあったようだ。火葬の煙も見えた。目にするたびに生き死にを意識したに違いない。  柿本朝臣人麻呂、香具山の屍を見て、悲慟しびて作る歌一首 草枕旅の宿りに誰が夫か 国忘れたる家待たまくに  万426 *旅の途中で誰の夫か分からないが、国を忘れたように臥せる人がいる。国では家人が待っているであろうに。  土形娘子を泊瀬の山に火葬る時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌一首 こもりくの泊瀬の山の山の際に いさよふ雲は妹にかもあらむ  万428 *ひっそりとした泊瀬の山。その山の際でただよっている雲はあの娘子なのだろうか。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 欽明天皇  きんめいてんのう 509 - 571 第29代天皇。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集303-304番歌~アルケーを知りたい(1184)

イメージ
▼今回は人麻呂が筑紫に出張するときに明石あたりで作った歌。飛鳥時代から奈良~大宰府の人の往来は活発だったようだ。朝廷が奈良県明日香村、遠の朝廷が大宰府、その間の明石海峡あたりを朝廷の門、としている。スケールが大きい。  柿本朝臣人麻呂、筑紫の国に下る時に、海道にして作る歌二首 名ぐはしき印南の海の沖つ波 千重に隠りぬ大和島根は  万303 *播磨灘の沖の波が幾重にも重なって、大和の山なみが見えなくなりました。 大君の遠の朝廷とあり通ふ 島門を見れば神代し思ほゆ  万304 *大君のいらっしゃる場所から離れたところにある遠の朝廷(大宰府)へに続く島門を見ると、神代が偲ばれる。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 敏達天皇  びだつてんのう 538 - 585 第30代天皇。欽明天皇の第二皇子。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集264・266番歌~アルケーを知りたい(1183)

イメージ
▼人麻呂が近江の川と海で詠んだ歌2首。「 網代木にいさよふ波の 」とか「 近江の海夕波千鳥 」とかカッコ良いフレーズが味わい深い。水辺に立って口ずさんでみたくなる。  柿本朝臣人麻呂、近江の国より上り来る時に、宇治の川辺に至りて作る歌一首 もののふの八十宇治川の網代木に いさよふ波のゆくへ知らずも  万264 *宇治川に設置されている網代木でせき止められながら流れる波は、どこに行くのだろう。  柿本朝臣人麻呂が歌一首 近江の海夕波千鳥汝が鳴けば 心もしのにいにしへ思ほゆ  万266 *近江の海の夕方の波の上で千鳥が鳴くと、心が萎れて昔のことを思ってしまう。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 用明天皇  ようめいてんのう ? - 587 第31代天皇。欽明天皇の第四皇子。息子が厩戸皇子。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集261-262番歌~アルケーを知りたい(1182)

イメージ
▼人麻呂が天武天皇の息子である新田部皇子 (にいたべしんのう) に献上した歌。 人麻呂の長歌の中ではいちばん短い作品。短くても枕詞が三つ 「やすみしし」「 高光る 」 「ひさかたの」が入っている。  柿本朝臣人麻呂、新田部皇子に献る歌一首  幷せて短歌 やすみしし 我が大君  高光る 日の御子  敷きいます 大殿の上に  ひさかたの  天伝ひ来る  雪じもの 行き通ひつつ  いや常世まで  万261 *我が大君がお住まいになっておられる大殿の上に遥かな天から雪が降ってきます。その雪のようにこれからも長く長く通い続けたいものです。  反歌一首 矢釣山木立も見えず降りまがひ 雪の騒ける朝楽しも  万262 *矢釣山の木立も見えないほど雪が降り舞っている朝は楽しい。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 崇峻天皇  すしゅんてんのう 553 - 592 第32代天皇。蘇我馬子に殺される。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集249-256番歌~アルケーを知りたい(1181)

イメージ
▼ 羇旅は旅のこと。旅行中のあれこれを詠んだ歌。船での移動のようだ。場所は、野島が淡路島、 敏馬が神戸、藤江が明石。  柿本朝臣人麻呂が羇旅の歌八首 御津の崎波を畏み 隠江の船なる君は野島にと宣る  万249 *御津の崎の波が高いので安全のため、隠江に船を入れて静まるのを待っていた主君は、さあ野島に向かおうと宣言する。 玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の 野島の崎に船近づきぬ  万250  一本には「処女を過ぎて夏草の野島が崎に廬りす我は」といふ。 *敏馬のあたりを過ぎて、夏草が茂る野島の先に船が近づいている。 淡路の野島の崎の浜風に 妹が結びし紐吹き返す  万251 *淡路の野島の崎で吹いてくる浜風に、妻が結んだ服の紐が風にたなびいている。 荒栲の藤江の浦に鱸釣る 海人とか見らむ旅行く我れを  万252  一本には「白栲の藤江の浦に漁りする」といふ。 *藤江の浦で鱸を釣る海人と見られるかも知れないな、旅をしている私は。 稲日野も行き過ぎかてに思へれば 心恋しき加古の島見ゆ <一には「水門(みと)見ゆ」といふ>  万253 *稲日野を通り過ぎたと思っていると心恋しい加古の島が見えてきた。 燈火の明石大門に入らむ日や 漕ぎ別れなむ家のあたり見ず  万254 *燈火のある明石大門に入る日になると、漕ぎながら別れるのだろうか、家のあたりを見ることもなく。 天離る鄙の長道ゆ恋ひ来れば 明石の門より大和島見ゆ  万255  一本には「家のあたり見ゆ」といふ。 *田舎の長い道を家が恋しいなあと思いながら進むと、明石の門から大和島が見えてくる。 笥飯の海の庭よくあらし 刈薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船  万256  一本には「武庫の海船庭ならし漁りする 海人の釣船波の上見ゆ」といふ。 *笥飯の海はよい漁場のようだ、海人の釣船がたくさん出ている。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 ホスロー1世  Khusrau I ? - 579 ササン朝ペルシア帝国の第21代君主。不死の霊魂を持つ者。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%

柿本人麻呂の万葉集239-241番歌~アルケーを知りたい(1180)

イメージ
▼この和歌の主人公の長皇子 (ながのみこ) は天武天皇の皇子。息子が 文室浄三 。百人一首の歌人、 文屋康秀と朝康はだいぶ後の子孫。 ▼この歌は「 い匐ひ〇〇〇 」が四回続いて出てくる。鹿は「拝」、鶉は「廻」がセットになっているのが印象的。  長皇子、猟路の池に遊す時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌一首 幷せて短歌 やすみしし 我が大君  高光る 我が日の御子の  馬並めて 御狩立たせる  若薦を 猟路の小野に  鹿こそば  い匐ひ拝め   鶉こそ  い匐ひ廻れ   鹿じもの  い匐ひ拝み   鶉なす  い匐ひ廻り   畏みと 仕へまつりて  ひさかたの 天見るごとく  まそ鏡 仰ぎて見れど  春草の いやめづらしき  我が大君かも 万239  反歌一首 ひさかたの天行く月を網に刺し 我が大君は蓋にせり  万240 *天に浮かぶ月を網で捉えて、我が大君は日よけの傘にしていらっしゃいます。  或本の反歌一首 大君は神にしませば真木の立つ 荒山中に海を成すかも  万241 *大君は神でいらっしゃるので、険しい山の中であっても海を作っておられます。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の同時代人。 文室 浄三  ふんや の きよみ 693 - 770 飛鳥時代~奈良時代の皇族・公卿。天武天皇の孫。長親王の子。 天地と久しきまでに万代に仕へまつらむ黒酒白酒を  万4275 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集235番歌~アルケーを知りたい(1179)

イメージ
▼今回の歌は、万葉集第三巻の冒頭に出てくる人麻呂作の雑歌。この天皇が誰をいうのかというと、持統天皇、天武天皇、文武天皇の説があるらしい。   天皇、雷の岳に幸す時に、柿本朝臣人麻呂が作る歌一首 大君は神にしませば天雲の 雷の上に廬らせるかも  万235  右は或本には「忍壁皇子に献る」といふ。 その歌には「 大君は神にしませば雲隠る 雷山に宮敷きいます 」といふ。 *大君は神であられるので、天の雲、雷の上の廬にいらっしゃる。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 ホルミズド4世  Hormizd IV 540 - 590 ササン朝の王。ホスロー1世の息子。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html

柿本人麻呂の万葉集226-227番歌~アルケーを知りたい(1178)

イメージ
▼226番歌は、人麻呂の222番歌にインスパイアされた 丹比真人 (たぢひのまひと) という人物が詠んだ作品。  讃岐の狭岑の嶋にして、石中の死人を見て、柿本朝臣人麻呂が作る歌 沖つ波来寄る荒磯を敷栲の 枕とまきて寝せる君かも  万222 *沖から波が寄せる荒磯を枕にして寝ている人がいる。  丹比真人 <名は欠けたり> 、柿本朝臣人麻呂が意に擬へて報ふる歌一首 荒波に寄り来る玉を枕に置き 我れここにありと誰か告げけむ  万226 *荒波に寄せられて来る玉のような波を枕にして私が横たわっていることを誰が妻に知らせてくれたのだろうか。 【似顔絵サロン】柿本人麻呂(660-724)の先代人。 ホスロー2世  Khosrow II 570 - 628 ササン朝最後の偉大な王。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetailLink?cls=d_utabito&dataId=201 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E9%BA%BB%E5%91%82 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/hitomaro2_t.html