投稿

7月, 2024の投稿を表示しています

万葉集巻1番歌(籠もよみ籠持ち)~アルケーを知りたい(1231)

イメージ
▼今回から万葉集の中の万葉集と言われる1番から53番の歌を順に見て行く。最初は大泊瀬稚武天皇=雄略天皇。どんな人物だったのかは下記URLを御覧ください。 ▼1番歌の核となるフレーズは「 大和の国は、 おしなべて我れこそ居れ。 しきなべて我れこそ居れ 」だと思ふ。   雑歌  泊瀬の朝倉の宮に天の下知らしめす天皇の代  大泊瀬稚武天皇   天皇の御製歌 籠 (こ) もよ み籠持ち  掘串 (ふくし) もよ み掘串持ち  この岡に 菜摘ます子  家告らせ 名告らさね  そらみつ  大和の国は  おしなべて 我れこそ居れ  しきなべて 我れこそ居れ   我れこそば 告らめ  家をも名をも 万1 *立派な籠を持ち、立派な掘串 (シャベル) を持ち、この岡で菜を積んでいる娘よ。どこの家の子で名は何というのか。ここ大和の国は隅々まで私が支配している。私から名乗ろうか、家も名も。 【似顔絵サロン】 大泊瀬稚武天皇  おほはつせわかたけのすめらみこと /  雄略天皇  ゆうりゃくてんのう 418年 - 479年 第21代天皇。考古学的に実在が確定している古墳時代の天皇。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集一』角川ソフィア文庫。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%84%E7%95%A5%E5%A4%A9%E7%9A%87 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_kanno&dataId=1

大伴家持の万葉集4514-4516番歌~アルケーを知りたい(1230)

イメージ
▼今回は万葉集の最後の3首を見る。いずれも家持の歌。 ラストを飾る4516番は759年の作。この年、家持41歳。 ▼幸いを祈る 「 いやしけ吉事 」で締め括る姿勢が学び所と思ふ。  二月の十日に、内相が宅にして渤海大使小野田守朝臣等を餞する宴の歌一首 青海原風波靡き行くさ来さ つつむことなく舟は早けむ  万4514  右の一首は右中弁大伴宿禰家持。<いまだ誦せず> *青海原は風も波も靡いています。往来には何の問題もなく舟はすいすいと進むことでしょう。  七月の五日に、治部少輔大原今城真人が宅にして、因幡守大伴宿禰家持を餞する宴の歌一首 秋風の末吹き靡く萩の花 ともにかざさず相別れむ  万4515  右の一首は、大伴宿禰家持作る。 *秋風が萩に吹いて花が靡いています。共に萩の花を共にかざさすこともできずお別れすることになるんですね。  三年の春の正月の一日に、因幡の国の庁にして、饗を国郡の司等に賜ふ宴の歌一首 新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事  万4516  右の一首は、守大伴宿禰家持作る。 *新しい年の初め。初春の今日降っている雪のようにめでたいことが降り積もりますように。 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。14歳年上。 菩提僊那  ぼだいせんな 704 - 760 奈良時代の渡来僧。南インド出身。ボーディセーナ。752年、東大寺大仏殿の開眼供養法会導師。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_utabito&dataId=174 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yakamot2.html

大伴家持の万葉集3991-3992番歌~アルケーを知りたい(1229)

イメージ
▼今回も 富山県高岡市の自然を褒める家持の歌。仲間と馬を並べて風景を楽しみ、さらに舟を浮かべて水上からも風景を味わう。この人たちは、気球があれば、空からの風景を眺めて歌にしたに違いない。射水の郡の 布勢の水海が万葉スポットだと知れる歌だ。  布勢の水海に遊覧する賦一首 幷せて短歌 <この海は射水の郡の古江の村に有り> もののふの 八十伴の男の  思ふどち  心遣らむと  馬並めて うちくちぶりの  白波の 荒磯に寄する  渋谿の 崎た廻り  麻都太江の 長浜過ぎて  宇奈比川 清き瀬ごとに 鵜川立ち か行きかく行き  見つれども そこも飽かにと  布施の海に 舟浮け据ゑて  沖辺漕ぎ 辺に漕ぎ見れば  渚には あぢ群騒き  島廻には 木末花咲き  ここばくも 見のさやけきか  玉櫛笥 二上山に  延ふ蔦の 行きは別れず  あり通ひ いや年のはに  思ふどち  かくし遊ばむ  今も見るごと 万3991 布勢の海の沖つ白波あり通ひ いや年のはに見つつ偲はむ  万3992 *布勢の海の沖に立つ白波のように毎年ここに通って思いをはせよう。  右は守大伴宿禰家持作る。四月の二十四日 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。9歳年上。 張 巡  ちょう じゅん 709 - 757 唐代の武将。中国史上有名な忠義義士のひとり。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_utabito&dataId=174 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yakamot2.html

大伴家持の万葉集3985-3987番歌~アルケーを知りたい(1228)

イメージ
▼今回の歌に出る二上山と 渋谿は 富山県高岡市にある山と海。 射水川は現在の名は小矢部川。見れば素晴らしい山、川、海である、昔からもこれからも見る人は賛美するだろう、と詠う。  二上山の賦一首 <この山は射水の郡に有り> 射水川 い行き廻れる  玉櫛笥 二上山は  春花の 咲ける盛りに  秋の葉の にほへる時に  出で立ちて 振り放け見れば  神からや そこば貴き  山からや 見が欲しからむ  統め神の 裾廻の山の  渋谿の 崎の荒磯に  朝なぎに 寄する白波  夕なぎに 満ち来る潮の  いや増しに 絶ゆることなく   いにしへゆ 今のをつつに  かくしこそ 見る人ごとに  懸けて偲はめ 万3985 渋谿の崎の荒磯に寄する波 いやしくしくにいにしへ思ほゆ  万3986 *渋谷崎の荒磯に打ち寄せる波を眺めているうちに、つぎつぎ昔のことが思い出される。 玉櫛笥二上山に鳴く鳥の 声の恋しき時は来にけり  万3987 *二上山で鳴く鳥の声が恋しくなる時期がやってきた。  右は、三月の三十日に、興に依りて作る。大伴宿禰家持 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。12歳年上。 藤原 仲麻呂  ふじわら の なかまろ 恵美押勝 706 - 764 奈良時代の公卿。藤原武智麻呂の次男。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_utabito&dataId=174 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yakamot2.html

大伴家持の万葉集3983-3984、3988番歌~アルケーを知りたい(1227)

イメージ
▼ホトトギスは立夏の日に来て鳴くのが必定なり、とのこと。知らんかった。昔と今は暦が違うけど、今年の立夏は5月5日。  立夏四月、すでに累日を経ぬるに、なほし霍公鳥の鳴くを聞かず。よりて作る恨みの歌二首 あしひきの山も近きをほととぎす 月立つまでに何か来鳴かぬ  万3983 *山に近い場所というのに、ホトトギスよ、立夏 (三月二十一日) を過ぎたのになぜ来て鳴かないの? 玉に貫く花橘をともしみし この我が里に来鳴かずあるらし  万3984 *橘の木が少ないから、私の庭に来て鳴かないのだろう。  霍公鳥は、立夏の日に、来鳴くこと必定なり。 また、越中の風土は、橙橘のあること希なり。 これによりて、大伴宿禰家持、懐に感発して、いささかにこの歌を裁る。三月の二十九日。  四月の十六日の夜の裏に、遥かに霍公鳥の喧くを聞きて、懐を述ぶる歌一首 ぬばたまの月に向ひてほととぎす 鳴く音遥けし里遠みかも  万3988  右は、大伴宿禰家持作る。 *暗い夜、月に向かってホトトギスが鳴く声がかすかに聞こえる。里から遠いところにいるのだろう。 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。11歳年上。 儲 光羲  ちょ こうぎ 707 - 763 唐の詩人 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_utabito&dataId=174 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yakamot2.html

大伴家持の万葉集3965-3966番歌~アルケーを知りたい(1226)

イメージ
▼体調不良から立ち直ったもののまだ本調子ではない家持が、友人の池主に贈った歌。長めの前書きのおかげで家持がどういう状況なのかが伝わる。 ▼梅の花が咲いている枝を手折って頭につけるのは、植物の生命エネルギーに預かりたいことから、という。手折る力がない、取り戻したい、と詠う家持。  守大伴宿禰家持、掾大伴宿禰池主に贈る悲歌二首 たちまちに枉疾に沈み、累旬痛み苦しむ。 百神を禱ひ恃み、かつ消損すること得たり。 しかれども、なほし身体疼羸、筋力怯軟なり。 いまだ展謝に堪へず、係恋いよいよ深し。 今し、春朝の春花、馥ひを春苑に流し、春暮の春鶯、声を春林に囀る。 この節候に対ひ、琴罇翫ぶべし。 興に乗る感ありといへども、杖を策く労に耐へず。 独り帷幄の裏に臥して、いささかに寸分の歌を作る。 軽しく机下に奉り、玉頤を解かむことを犯す。 その詞に曰はく、 春の花今は盛りににほふらむ 折りてかざさむ手力もがも  万3965 *春の花が今は盛りと匂っています。手折ってかんざしにできる力が残っていればなあ・・・と思います。 うぐひすの鳴き散らすらむ春の花 いつしか君と手折りかざさむ  万3966 *ウグイスが鳴いては花を散らす春の季節、いつかあなた様と枝を手折りかんざしにしたいものです。  二月の二十九日、大伴宿禰家持。 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。10歳年上。 李 光弼  り こうひつ 708年 - 764年8月15日 唐代の部将。安禄山の乱の鎮圧に貢献。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_utabito&dataId=174 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yakamot2.html

大伴家持の万葉集3960-3961番歌~アルケーを知りたい(1225)

イメージ
▼家持が友達の 大伴池主との再会を喜ぶ歌。庭に雪が降りはじめどんどん積もる。宿からは海が見えて、漁夫の舟が浮かんでいる様子が眺められる。お酒、詩作、琴の用意も整っている。詩酒の宴、弾糸飲楽。最高のシチュエーション。 ▼11年後の757年、藤原仲麻呂の打倒を目指す 橘奈良麻呂の乱が起る。このとき打倒側に加わった池主は捉えられ獄死。  相歓ぶる歌二首 越中守大伴宿禰家持作る 庭に降る雪は千重敷くしかのみに 思ひて君を我が待たなくに  万3960 *庭に降る雪が千重にも積もっています。それ以上に私はあなた様をお待ちしていました。 白波の寄する磯廻を漕ぐ舟の 楫取る間なく思ほえし君  万3961 *白波が立つ磯のあたりを漕ぎ進む舟の楫取りと同じくあなた様をしょっちゅう思い出しておりました。  右は、天平十八年の八月をもちて掾大伴宿禰 池主 、大帳使に付きて、京師に赴き向ふ。 しかして同じ年の十一月に、本任に還り至りぬ。 よりて、詩酒の宴を設け、弾糸飲楽す。 この日、白雪たちまちに降り、地に積むこと尺余。 この時に、また漁夫の舟、海に入り、瀾に浮けり。 ここに、守大伴宿禰家持、情を二眺に寄せ、いささかに所心を裁る。 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。9歳年上。 光仁天皇  こうにんてんのう 709 - 782 第49代天皇。天智天皇の孫。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_utabito&dataId=174 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yakamot2.html

大伴家持の万葉集3957-3959番歌~アルケーを知りたい(1224)

イメージ
▼家持が弟の書持の逝去を悲しむ歌。遠方に出かける自分を見送ってくれた元気な弟。その弟の 使者が来たので、どんなニュースが届いたのかなと喜んでいると、内容は出まかせの嘘か 「 およづれの たはこと 」 と思わせるもの 。一転して悲しみに。その心情を詠う。短歌では、弟は今は雲になってたなびいているのか、とか、弟に荒磯の波を見せてやりたかったと詠う。  長逝せる弟を哀傷しぶる歌一首  幷せて短歌 天離る 鄙治めにと  大君の 任けのまにまに  出でて来し 我れを送ると  あをによし 奈良山過ぎて  泉川 清き河原に  馬留め 別れし時に  ま幸くて 我れ帰り来む  平らけく 斎ひて待てと  語らひて 来し日の極み  玉桙の 道をた遠み  山川の へなりてあれば  恋しけく 日長きものを  見まく欲り 思ふ間に  玉梓の 使の来れば  嬉しみと 我が待ち問ふに  およづれの たはこととかも   はしきよし 汝弟の命  なにしかも 時しはあらむを  はだすすき 穂に出づる秋の  萩の花 にほへるやどを <言ふこころは、この人ひととなり、花草花樹を好愛(め)でて多(さは)に寝院の庭に植ゑたり。ゆゑに「花にほへる庭(やど)」といふ> 朝庭に 出て立ち平し  夕庭に 踏み平げず  佐保の内の 里を行き過ぎ  あしひきの 山の木末に  白雲に 立ちたなびくと  我れにつげつる <佐保山に火葬す。ゆゑに「佐保の内の里を行き過ぎ」といふ>  万3957 ま幸くと言ひしものを白雲に 立ちたなびくと聞けば悲しも  万3958 *無事に過ごしなさいよと言っていたのに、白雲になってたなびいていると聞く。何と悲しいことか。 かからむとかねて知りせば越の海の 荒磯の波も見せましものを  万3959 *こんなことになると分かっていたら、越中の海の荒磯の波を見せてやったのに。  右は、天平十八年の秋の九月の二十五日に、越中守大伴宿禰家持、遥かに弟の喪を聞き、感傷しびて作る。 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。9歳年上。 顔 真卿  がん しんけい 709 - 785 唐代の政治家・書家。中国史で屈指の忠臣。唐代随一の学者・芸術家。 〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?c

大伴家持の万葉集3922-3926番歌~アルケーを知りたい(1223)

イメージ
▼今回は746年の正月、雪が降る日に橘諸兄ら朝廷の重鎮が 太上天皇 ( 元正天皇 ) の邸宅に雪を掃きに集合する。そのとき、酒が供され、一同で宴会を開き、参加者が次々に歌を詠んだ。トップバッターが橘諸兄、8番が家持。 ▼二次会もあって、そのときの歌は記録がないけれど、トップバッターは藤原豊成。  天平十八年の正月に、白雪多に零り、地に積むこと数寸なり。 時に、左大臣 橘 (諸兄) 卿、大納言 藤原豊成 朝臣また諸王諸臣たちを率て、太上天皇の御在所 <中宮の西院> に参入り、仕へまつりて雪を掃く。 ここに詔を降し、大臣参議幷せて諸王は、大殿の上に侍はしめ、諸卿大夫は、南の細殿に侍はしめて、すなはち酒を賜ひ肆宴 (とよのあかり) したまふ。 勅して曰はく、「 汝ら諸王卿たち、いささかにこの雪を賦して、おのおのもその歌を奏せ 」とのりたまふ。  左大臣 橘 宿禰、詔に応ふる歌一首 降る雪の白髪までに大君に 仕へまつれば貴くもあるか  万3922 *ここ降る雪のような白髪になるまで大君に使えることができれば貴いことであります。  紀朝臣清人、詔に応ふる歌一首 天の下すでに覆ひて降る雪の 光りを見れば貴くもあるか  万3923 *天の下を覆いつくして降る雪の輝きを見ることができるのは貴いことであります。  紀朝臣男梶、詔に応ふる歌一首 山の峡そことも見えず一昨日も 昨日も今日も雪の降れれば  万3924 *一昨日も昨日も今日も雪が降っていますので、山峡が見えないほどです。  葛井連諸会詔に応ふる歌一首 新しき年の初めに豊の年 しるすとならし雪の降れるは  万3925 *新しい年の初めに雪が降るのは、今年が豊年の印となるでしょう。  大伴宿禰家持、詔に応ふる歌一首 大宮の内にも外にも光るまで 降らす白雪見れど飽かぬかも  万3926 *大宮の内も外も輝くばかりに明るく照らす白雪はいくら見ても飽きません。   藤原豊成 朝臣、巨勢奈弖麻呂朝臣、大伴牛養宿禰、藤原仲麻呂朝臣、三原王、智奴王、船王、邑知王、小田王、林王、穂積朝臣老、小田朝臣諸人、小野朝臣綱手、高橋朝臣国足、太朝臣徳太理、高丘連 河内、秦忌寸朝元、楢原造東人  右の件の王卿等、詔に応へて歌を作り、次によりて奏す。 その時に記さずして、その歌漏り失せたり。 ただし、秦忌寸朝元は、左大臣橘卿謔れて云はく、「歌を賦するに堪へ

大伴家持の万葉集3916-3921番歌~アルケーを知りたい(1222)

イメージ
▼家持はホトトギスの歌をたくさん作っている。読むと、へえ、ホトトギスかあ、と思う。思ったとたん、ホトトギスを介して 家持 と 読者 のコミュニケーションが成り立つ。すごいね。  十六年の四月の五日に、独り平城の故宅に居りて作る歌六首 橘のにほへる香かもほととぎす 鳴く夜の雨にうつろひぬらむ  万1916 *橘の花の香りがホトトギスが鳴く夜の雨のせいで薄らいでいくようだ。 ほととぎす夜声なつかし網ささば 花は過ぐとも離れずか鳴かむ  万3917 *ホトトギスが夜に鳴く声が惜しいので、網でとらえておけば花の時期が過ぎても鳴いてくれるだろうか。 橘のにほへる園にほととぎす 鳴くと人告ぐ網ささましを  万3918 *橘の花が香る庭でホトトギスが鳴いていると人が知らせてくれた。網で捕らえておくのだった。 あをによし奈良の都は古りぬれど もとほととぎす鳴かずあらなくに  万3919 *奈良の都は古びているけれど、昔から馴染みのホトトギスが鳴かないってことは決してない。 鶉鳴く古しと人は思へれど 花橘のにほふこのやど  万3920 *ウズラが鳴くこの家は古びていると人は思うかも知れないけれど、橘の花は香っています。 かきつはた衣に摺り付けますらをの 着襲ひ猟する月は来にけり  万3921  右の六首の歌は、天平十六年の四月の五日に、独り平城故郷の旧宅に居りて、大伴宿禰家持作る。 *カキツバタで染めた衣を身に付けた男たちが狩りをする月がやって来た。 【似顔絵サロン】大伴家持(718-785)の同時代人。6歳年上。 アル=マンスール  al-Mansur 712 - 775 アッバース朝の第2代カリフ。アル=マンスールは勝利者の意。バグダッドの建設者。  〔参考〕 伊藤博訳注『新版 万葉集四』角川ソフィア文庫。 https://manyo-hyakka.pref.nara.jp/db/dicDetail?cls=d_utabito&dataId=174 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BC%B4%E5%AE%B6%E6%8C%81 https://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yakamot2.html